銀座国際美容外科池袋院

銀座国際公式ブログ
Blog

あなたの目元に潜んでいる「くまさん」。人ごとではありません・・・。

2017年6月17日 西岡ブログ

こんにちは!銀座国際美容外科の西岡です。

今回の症例は「目の下の切らないたるみ取り」です

ここで以前にもご紹介しましたがについて説明します。

以前は加齢性の変化と捉えられていましたが、実際は若い方、男女問わずお悩みの方が多いです。

この図からおわかり頂けるように、眼球と頬の骨の間の眼窩脂肪が皮膚方向に突出して形成されるのが、「くま」「たるみ」の正体なんです。この眼窩脂肪が皮膚へ突出することで、正面から見ると膨らんで見えたり、弛んで見えたりします。また下眼瞼(下まぶた)の毛細血管の血流を圧迫して色味も暗くなります。その結果、実年齢よりどうしても老けてしまうわけであります・・・・・・。

どうしても人間の第一印象は目元で決まりつつありますよね。この「くま」さえなければ(# ゚Д゚)なんてお悩みを解決していきませんか?

今回の症例です。

お悩みは「目の下のくま」でした。たるみはさほど強くありませんが、くま・膨らみは明らかでした。

メカニズムをご説明させて頂き、下まぶたの裏側からアプローチする「経結膜脱脂法」にて手術致しました。やはり、メリットは顔の表面には一切傷をつけずに行えるという点です。そして、脂肪を取り除く事で確実な効果を御実感頂ける点です。お客様からしばしば頂くご質問として「目の裏側をいじるなんんて怖い!」と頂きますが、あくまでも処置を行うのはまぶたの裏側の粘膜のみで、眼球やその他隣接臓器には影響を及ぼさないように丁寧に処置を進めていきますのでご安心ください!

写真は右が術前、左が術後です。

術後は1週間後にお写真を撮影させていただきました。術後2日間程度、痛みや腫れ、内出血を認めたそうですが、その後は回復し特に問題なく経過されております。

目元のくまや膨らみも改善しているのがおわかり頂けますでしょうか。

術後の経過は個々人異なり、今回とは違い、腫れや内出血が長引く方も確かにおられます。ですが、この腫れや内出血は必ず元通りになります。このダウンタイムを超えると、実年齢より5歳は若返るのではないでしょうか??

本症例では多少腫れは残存しておりますが、お悩みのふくらみは改善しており、経過は順調でした。

当院ではご希望により静脈麻酔(眠って頂いて)にて処置を進めさせて頂きます。ですので、処置中の怖さや痛みは一切感じずに処置を終了することができます。

目の下のくまは進行性で、残念ながら自然に改善することは難しいです。進行しすぎると、たるみが高度になり、お顔の表面から余剰分の皮膚を切り取らないといけない状況になりかねません。

「まだ私は大丈夫ショボーン」と目をそむけているあなたビックリマーク

早く対応しないととんでもないことに・・・・。

是非一度カウンセリングにいらしてくださいねビックリマーク

お電話でご予約
03-5956-2793
WEBからご予約 

menu

お悩み部位別メニュー

二重ボディライン・ダイエット
目の下脱毛
プチ整形
しみ・肌質改善その他