エラ顔から美しい小顔へ:エラボトックス-銀座国際美容外科"

注射するだけの、手軽に行える小顔施術 エラの筋肉を細くして、スリムな小顔へ

ボトックスとは、アセチルコリンという神経伝達物質の放出を妨げ、筋肉を麻痺させて表情ジワを目立たなくさせる効果がありますが、エラの筋肉に適切な量を注入することで発達しすぎた筋肉の動きを弱め、筋肉を細くし、小顔にする効果もあります。

奥歯をギュッと噛みしめたときに、エラから耳の下にかけた部分に出るふくらみが咬筋です。 咬筋は物を噛むときに使われる筋肉で、固い物をよく食べたり、ストレスなどで寝ている間に歯を食いしばることなどで発達します。 この咬筋が強く、太くなることが、エラが張る原因になります。 エラの辺りに咬筋のボリュームがあると、フェイスラインが下膨れのように、下に幅が広がってしまいます。 この咬筋の適切な箇所に、適切な量のボトックスを注入することで、筋肉の動きを弱め、筋肉を細くし、お客様の理想のフェイスライン、タマゴのようなスリムな小顔を目指します。

ボトックスの効果は、半年~1年です。早ければ施術後1週間ほどで効果が感じられ、4週間ほどかけて徐々にフェイスラインがスリムになってきます。効果が弱まると、再び咬筋が使われ始めることで筋肉は徐々に太くなってきますが、完全に元に戻る訳ではありません。 また、効果が切れた後、施術を数回繰り返すことで咬筋自体が弱く、細くなり、スリムな小顔をキープすることができます。

ボトックスには様々な製品がありますが、当院では安心・安全性を重視して、世界各国での製造販売が認可されている製品を使用しています。
Buccalfat(バッカルファット)-銀座国際美容外科



ボトックス注射で小顔もカンタン!エラ治療。


Case:1
バッカルファット、銀座国際美容外科 バッカルファット、銀座国際美容外科


バッカルファット、銀座国際美容外科 バッカルファット、銀座国際美容外科


バッカルファット、銀座国際美容外科 バッカルファット、銀座国際美容外科
咬筋がかなり肥大していましたが、角が取れた印象になっています。
このくらいの量だと、3回ほど施術することでタマゴ型のフェイスラインに近づけることができます。
少し右側の咬筋が強く発達しているので、2ヵ月ほど経過をみて、次回は右側に多く注入を予定しています。



ボトックスに関するよくある質問 


Q、銀座国際美容外科 エラが張っていてため四角い輪郭が悩みです。一度で治りますか?

A、銀座国際美容外科 
エラが筋肉で張っている場合は、その部分にボトックス注入するプチ小顔術がおすすめです。
1回の注入でもある程度細くなりますが、 さらに数ヶ月おきに何回か注入していただきますとよりスッキリした感じになります。ご本人のご希望や納得されたところでやめていただければと思います。

Q、銀座国際美容外科 次の日から仕事はできますか?
A、銀座国際美容外科 
施術後の腫れや内出血はほとんどございません。
翌日のお仕事に支障はなく、もし腫れや内出血が起こった場合もメイクで充分カバーできる範囲です。
ほとんどの方は、施術後すぐにメイクをしてお帰りいただいております。

Q、銀座国際美容外科 効果はいつから出ますか? また、どのくらい持続しますか?
A、銀座国際美容外科 
通常は、3週間~1ヶ月かけて徐々に現れ、ほっそりとしてきます。
持続期間は個人差はありますので、数ヶ月程度とお考えください。
注入した箇所は筋肉の働きが抑えられるため、繰り返し注入するとさらに効果が持続します。
ただし、硬いものを必要以上に咀嚼する等、エラの筋肉をたくさん使われる場合などは、短期間で元へ戻ってしまうこともございます。


Q、銀座国際美容外科 注射の痛みが苦手で心配ですが、大丈夫ですか?
A、銀座国際美容外科 
ボトックス注入には、極細の専用針で丁寧に注入していきます。
針の痕はほぼ分かりませんし、たいていの人は我慢できる程度の痛みです。
また、どうしても心配な方には、事前にご相談ください。